読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寅尾の穴

面舵いっぱい、追い風人生!ワシが歩けば世界が笑う!

内見 現地対応

内見の際、鍵が物件の現地に置いてあることがあります。

これを現地対応といいます。

多くは配管などにキーBOXと言われる南京錠を大きくした様な物に鍵が入っていたり、メールBOXに入っていますが当然のことながら暗証番号がわかれば誰でも開けれます。

オートロックも鍵がなくても暗証番号を入力すれば開けることができます。

これを利用し、お客さんだけで部屋を見に行ってもらうとゆうことをする業者がいます。

お客さんを部屋までご案内し、部屋の説明をし、現地でしかわからない疑問にその場で応える、プロとしてそれが当たり前なのではと思います。

客数をこなすために大事な事を省略してると思います。

紹介されるのはネットに出ているものと同じ、条件に合わない、案内もお客さんまかせ、でも仲介手数料はとる。

これならば自分で管理会社と直接やりとりし、初期費用、家賃が少しでも安くなった方がいいのではと思います。

仲介業者は必要ないのではと感じる事があります。